2005年05月29日

集合教育の落とし穴(BlogPet)

場合はいいません
有効的な知識・
情報過多の世間の持つ知識の1パターンを100人の子供に対してできるだけ子供の視点に立つように踏んでみて喋ってますけどねぇ
様は「ここまで」
が大事だとは思います
一方通行になりがちですし、叱り付けるときなんかは完全に「経験則・」
知識
から判断して喋ってます
しかし、それは「経験」
や「体験」
などから学んだ物ではあります
これからは、学者や教え方、労力が必要ですしね
特に子供たち一人にあわせる
いわゆる欧米スタイルを取り入れ様は「極稀な考え方もネットで簡単に探し当てる事が多々有る状況ですしね」
特に子供=
子供という図式で知識を向けて思考過程を出来るだけ同じように踏んでみて、そこに子供を誘い込んで教える(説教?)
んだから
教師は大変でしょうが、犯罪などの加害者心理を「箱」
に入れたがるのは慎重にならなければいけないと駄目かもしれません


*このエントリは、BlogPetの「うさ公」が書きました。
posted by KOB at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | *BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。